健康コラム

HOME > 健康情報 > 健康コラム > 健康コラム詳細

お知らせ詳細
コラム一覧へもどる

糖分とはなんのことでしょうか-甘いもののこと?砂糖のこと?-

掲載月:2011/11

ひょうご経済戦略11月号掲載

兵庫県健康財団保健検診センター所長 伊藤 一夫

(日本人間ドック学会認定医、指導医)

 

 医者から「糖分を控えるように」と言われたらどうします?

 「甘いものをあまり食べないようにする」と言われる方もおられるかとも思いますが、「ご飯の量も減らす」と言われる方もおられるのではないでしょうか。

 ところで、糖分って何でしょうか?ネットで調べてみると「糖の分量だ」と言っている人がおられました。それでは「糖」とは何でしょうか。「砂糖のこととちゃうん」という方もおられるでしょうが、糖とは、生化学では、糖質と同義語とされたり、炭水化物とも同義語としてあつかわれることもあります。炭水化物を糖及びその誘導体の総称とされることもありますが、糖質を炭水化物より広い概念で使っておられる方もおられます。

 一方、栄養学では、炭水化物から食物繊維を除いたものを糖質と呼んでいますが、糖質のみを炭水化物と呼んでいる方もおられます。健康増進法に基づく栄養表示基準による食品表示では、炭水化物は消化しやすい糖質と消化しにくい食物繊維からなり、糖質は糖類と多糖類、糖アルコール、その他に分けられます。糖類とは単糖類と二種類の総称とされています。ややこしいので図示しますと、以下のようになります。tou.jpg

  この中で特に甘いものとしては、単糖類のブドウ糖(グルコース)や果糖(フルクトース)、二糖類の麦芽糖(マルトース)、砂糖(スクロース、ショ糖)、乳糖(ラクトース)、トレハロース等があげられます。また、無糖、シュガーレスという表示は砂糖が入っていないというだけでなくて、この糖類が100gまたは100ml中0.5g未満であることを意味します。キシリトール等の糖アルコールは入っていてもかまいません。

 ところで、砂糖は一時、肥満の原因になると誤解され、敬遠されたこともありましたが、炭水化物でも脂質でもたくさん食べれば肥満になりますが、特に砂糖が肥満になるということはありません。逆にストレスフルな世の中、甘い物は心を落ちつかせます。上手に使いたいものです。

 また、糖尿病の方で定期的に検査されている方もおられるかと思いますが、血糖とはなんでしょうか。これはブドウ糖のことです。血液中にある糖で、活動するためのエネルギーになる物質ですが、高くなりすぎますといろいろな合併症を引き起こします。なお、血糖値が下がりすぎると低血糖になる方がおられますが。そんな時は、砂糖ではなく、ブドウ糖を服用することで、血糖値の回復をはかります。砂糖はブドウ糖と果糖からできている二種類で、血糖値の上昇はゆっくりしています。

 さて、最初のテーマ「糖分」という言葉は、炭水化物という意味で用いられたり、糖質の中の甘いものという意味で用いられたり、同じ著書の一冊の本の中でも、異なる意味で使われていることさえあります。明確な定義は無いようです。医者から言われたとすれば、甘いものを含む炭水化物を減らすことかと思われます。

コラム一覧へこのページのTOPへ
※本コンテンツの無断転載を禁止します。