健康コラム

HOME > 健康情報 > 健康コラム > 健康コラム詳細

お知らせ詳細
コラム一覧へもどる

食事で体を温める

掲載月:2013/01

国保ひょうご 1月号掲載

兵庫県健康財団 管理栄養士 荒井 喜美

 

 

 寒さが厳しい季節となりました。今回は、体を芯から温める食べ物について紹介します。

 

体を温める食べ物

 東洋医学では、食べ物を体を温める「陽性」の食品、からだを冷やす「陰性」の食品、どちらでもない「中庸」の食品に大別します。体が冷えやすい人は、陽性の食品を意識してとりましょう。

陰性の食品は加熱して食べるとその効果が和らぎます。しかし、陽性の食品ばかり、陰性の食品ばかりでは、体のバランスが崩れてしまいます。冷えが気になる場合は、陽性食品を多めに、逆に熱がこもりやすい人は陰性食品を多めにとるなど、体質に合わせて調節するとよいでしょう。

 

陽性の食べ物

陰性の食べ物

     寒い季節、寒い土地でとれるもの

     地下にのびる植物

・ 鉄分が多く、造血作用があるもの 

     暑い季節、暖かい土地でとれるもの

     精製されて、不純物が除かれたもの

・ 科学的に合成されたもの

しょうが、ねぎ、にんにく、とうがらし、こしょう、シナモン、山椒

根菜(ごぼう、人参)

かぼちゃ 栗、くるみ 、なつめ

発酵食品(味噌、しょうゆ、たくあん)

羊肉、鶏肉、卵、チーズ、ソーセージ

えび、青背の魚(あじ、いわし)・赤身の魚(まぐろ、さけ)

天然塩、

黒砂糖

きゅうり、大根、セロリ、トマト

海藻類(わかめ、昆布、もずくなど)

バナナ、パイナップル、スイカ、メロン、みかん、りんご

緑茶、コーヒー

牛乳、バター

馬肉

カニ、カキ、しじみ、たこ

豆腐

白砂糖

 

 

【レシピ】タラと根菜のピリ辛スープpirikara.bmp 

栄養価(1人分)エネルギー216kcal 塩分2.1

 

材料(2人分) 

タラ切り身2切れ(150g) にんにく 1/2片 しょうが 1/2片 ごま油 大さじ1 長ネギ1/4本  にんじん1/4本  れんこん 小一節 大根1/8本  A(鶏がらスープの素 小さじ1 水 2カップ(400cc) 酒 大さじ1 砂糖 小さじ2 味噌 (赤)大さじ1) コチジャン 大さじ1/2 

 

作り方

     タラは一口大に切る。にんにく、しょうがは粗みじん切り、にんじん、大根、れんこんは乱切り、長ネギは白髪ネギにする。

     鍋にごま油とにんにく、しょうがを入れて弱火にかけ、香りが出てきたら、人参、レンコン、大根を炒める。全体に油がまわったらAとタラを加える。

     煮汁が煮詰まってきたらコチジャンを加える。器に盛りつけ、白髪ネギをかざる。

 

 

メモ:コチュジャンは韓国で用いる唐辛子味噌。辛さはお好みで調節してください。

                

コラム一覧へこのページのTOPへ
※本コンテンツの無断転載を禁止します。