健康コラム

HOME > 健康情報 > 健康コラム > 健康コラム詳細

お知らせ詳細
コラム一覧へもどる

花粉症について

掲載月:2013/01

国保ひょうご 1月号掲載

兵庫県健康財団

 

 

近年、花粉症にかかる方が急増し、現在は、国民の25%を超えると言われています。日本人の花粉症の原因として圧倒的に多いのは、春先に猛威をふるう「スギ花粉」です。

これは温暖化の影響、花粉をつける高齢スギが増えているなど、花粉そのものの量が増えているためとも言われています。

花粉症とは、草や木の花粉が原因となって起こるアレルギーです。主に、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの鼻の症状や、目のかゆみ・充血・涙目・目やになど、目の症状が多くの人に見られます。その他には皮膚のかゆみやただれ、ノドのかゆみやせき、集中力の低下、頭痛、全身のだるさを感じることもあります。

花粉症の症状が出ないうちに、下記のような対策をすることで症状はずいぶん軽くなります。

 

<対策>

 

1.花粉情報をチェック

 

 2.外出を控えめに

 

 3.外出時は完全防備 → 帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて

 コートはツルツルした素材を選びましょう

 

 4.玄関でシャットアウト → 衣服・ペットなどについた花粉は玄関前で払い落としましょう

 

 5.外出したら、帰宅後洗顔やうがいを → 体に付いた花粉はきちんと洗い流しましょう

 

 6.ドア・窓を閉める → こまめに花粉の侵入を防ぎましょう

 

 7.洗濯物、布団にも注意を → なるべく室内に干すか、外に干したら花粉をよく

                 払い落としてからとりこみましょう

 

 8.掃除はこまめに → 部屋の掃除は掃除機やぬれ雑巾でこまめにしましょう

             空気清浄機を使用するのもよいでしょう

 

花粉症の基礎知識/監修:日本医科大学 耳鼻咽喉科 教授 大久保公裕先生一部抜粋

 

 

花粉シーズンが来る前から、規則正しい生活をして睡眠もしっかりとり、花粉症に負けない体力づくりをして乗り切りましょう。

また毎年花粉症でつらい思いをしている方は症状が出る前から早めにお薬を飲むことも症状軽減には効果が期待できます。早めに病院に受診されるといいでしょう。

コラム一覧へこのページのTOPへ
※本コンテンツの無断転載を禁止します。