健康コラム

HOME > 健康情報 > 健康コラム > 健康コラム詳細

お知らせ詳細
コラム一覧へもどる

保健指導に関するQ&A ~アルコールの摂り方について~

掲載月:2015/01

国保ひょうご1月号掲載 

保健師 紙名 祝子



今回は、特定健診・特定保健指導時によく受けるアルコールの摂り方についての質問とその回答をご紹介します。



Q1  アルコールの適量は、どれくらい?人によって違うのですか? 


A1  節度ある適度な飲酒量は、1日平均純アルコールで20g程度であると厚生労働省は「健康日本21」で示しています。20g

   とは、大体「ビール中ビン500mL1本」「日本酒1合」「チュウハイ(7%)350mL缶1本」「ウィスキーダブル1杯」などに相当しま

   す。しかし、女性はアルコールの分解速度が遅いため、これよりも少なめ(1/2~2/3)が良いとされています。「酔った」と

   感じる量は個人差がありますので、酔い方ではなく「量」に注目しましょう。



Q2  お酒の飲みすぎはどのような病気と関係がありますか? 


A2  適量のお酒は健康に良いとされますが、量が増え過ぎると身体に影響が生じます。例えば、肝臓病(脂肪肝やアルコー

   ル性肝炎、肝硬変)、メタボリックシンドロームに関わる、肥満・高血糖・高血圧・脂質異常に罹りやすくなります。その他に

   も、膵臓病、痛風、がん、心臓病や脳卒中と様々な病気と関連があると言われています。更に、老若男女を問わず、長期

   間多量に飲酒をすれば誰でもアルコール依存症になる可能性があります。お酒は、バランスの良い食事とともに、適量を

   ゆっくりと楽しみましょう。



Q3  アルコールの休肝日はどれくらい必要ですか?


A3  アルコールを肝臓で分解するのに、ビール中ビン1本(20g)でおよそ男性では2.2時間、女性では3時間程度かかります。

   個人差はありますが、肝臓の状態や大きさ、年齢などにも関係しています。お酒を飲んだあとも肝臓は黙々と働いている

   ため、アルコールの分解で酷使していると障害がでてきます。肝臓だけでなく様々な病気を防ぐためにも、週に2日程度の

   休肝日を作ることがお勧めです。2日連続でなくても、2~3日飲んで1日休むことでも効果があります。量を守りながら休肝

   日を設定しましょう。




コラム一覧へこのページのTOPへ
※本コンテンツの無断転載を禁止します。